© 2019 Dept. Mol. Cell Physiol. KPUM

Welcome to Taruno Lab

 

News

Our paper on salty taste is out.

We report the identity of taste cells dedicated to the sodium-selective, attractive component of salty taste (aka sodium cells) and their intracellular signal transduction.

March 30, 2020

Nomura et al. Neuron 2020

Now how can we reduce salt intake without losing that delicious taste based on this?

Dr. Shogo Soma joined the lab

July 1, 2019

Welcome!

Dr. Nomura and Mr. Murakami joined the lab

April 1, 2019

Welcome!

We report the localization of CALHM channels in taste cells

February 2019

We report the method of AAV-Mediated Gene Delivery into Taste Cells

January 2019

Taruno & Kashio. Methods Mol Biol 2019

Taruno Lab started

September 1, 2018


We report that CALHM1/CALHM3 is the bona fide neurotransmitter-release channel in type II taste cells

May 2018

We report innate and acquired tolerance to bitter stimuli in mice

December 2018

Review article on ATP release channels

March 2018

 

News

塩味のメカニズムに関する論文がNeuron誌に掲載されました

March 31, 2020

舌の味蕾で“おいしい”塩味を受容する細胞がENaCとCALHM1/3と呼ばれる分子をもつ細胞であることを突き止めました。さらに、食塩に含まれるナトリウムがENaCを介してこの細胞の中に流入すると活動電位と呼ばれる電気的インパルスが生じ、その結果CALHM1/3を通して神経伝達物質(ATP)が細胞外へと放出され、塩味情報を脳に伝達する神経を活性化させることを解明しました。

Nomura K#, Nakanishi M, Ishidate F, Iwata K, Taruno A#,*: All-electrical Ca2+-independent signal transduction mediates attractive sodium taste in taste buds. Neuron 2020, in press.

樽野が名古屋大学大学院基盤医学特論で講義を行いました

December 13, 2019

久場博司先生、中村和弘先生にお世話になりました。

生理学研究所の富永真琴先生に大学院特別講義を行っていただきました

November 18, 2019

温度生物学の最新知見についてご紹介いただきました。
多くの学生・研究者が聴講に訪れ、盛況でした。

樽野が京都大学大学院神経科学コースで講義を行いました

November 11, 2019

渡邉大先生、伊佐正先生、林康紀先生にお世話になりました。

Nov 2-3, 2019

樽野は塩味受容に関するnew dataを、

野村助教は前任地での研究成果をそれぞれ発表しました

樽野が生理学研究所国際ワークショップで講演を行いました

July 7-8, 2019

NIPS international workshop 
“Sensing food/nutrient/environment toward integrative metabolic regulation”

相馬祥吾助教が着任しました!

July 1, 2019

   

樽野が第8回三島海雲学術賞を受賞しました

May 15, 2019

歯科からの奥井さんが日本口腔科学会学術集会で優秀ポスター賞を受賞しました。おめでとう!

April 21, 2019

  

 樽野が第3回感覚研究イニシアチブ・シンポジウムで講演を行いました

April 6, 2019

「感覚と脳 −基礎から臨床へ−」

野村憲吾助教と村上達郎研究員が着任しました!

April 1, 2019

   

加塩さんの論文がScientific Reports誌に掲載されました

February 25, 2019

味覚の神経伝達を担うCALHM1/3チャネルの味細胞内局在を明らかにし、さらにモデル上皮細胞を用いてこのチャネルが側底膜に選択的にソーティングされる性質を持つことを明らかにしました。加えて、側底膜ソーティングシグナルの一端も突き止めました。

Kashio M, Wei-Qi G, Ohsaki Y, Kido MA, Taruno A*: CALHM1/CALHM3 channel is intrinsically sorted to the basolateral membrane of epithelial cells including taste cells. Sci Rep 2019,9(1):2681.

Methods in Molecular Biologyに掲載されました

February 24, 2019

AAVを用いて生きたマウスの味細胞に遺伝子導入する方法について解説しました
Taruno A*, Kashio M: AAV-Mediated Gene Delivery to Taste Cells of the Tongue. Methods Mol Biol 2019,1950:299-307.

論文がPLOS ONE誌に掲載されました

December 31, 2018

京都大学林由佳子先生との共同研究成果です

マウスを用い、経験によって様々な苦味刺激に対して‘馴れ’が生じることを明らかにしました

Mura E#, Taruno A#, Yagi M, Yokota K, Hayashi Y: Innate and acquired tolerance to bitter stimuli in mice. PLoS One 2018, 13(12):e0210032.

樽野が第49回生理研国際シンポジウムで講演を行いました

December 8, 2018

樽野がThe 17th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory perception (ISMNTOP 2018)にて講演を行いました

November 30 - December 2, 2018

樽野が日本味と匂学会研究奨励賞を受賞しました

October 30, 2018

受賞講演も行いました

樽野が日本味と匂学会第52回大会にて講演を行いました

October 29-31, 2018

樽野が本日より3年半、
JSTさきがけ研究員を兼務します

October 1, 2018

領域名「生命機能メカニズム解明のための光操作技術」

樽野が第56回日本生物物理学会年会にて講演を行いました

September 15-17, 2018

樽野研究室が発足しました!

September 1, 2018

京都府立医科大学医学部 細胞生理学教室

樽野が第41回日本神経科学大会にてシンポジウムをオーガナイズし、講演を行いました

July 26-29, 2018

樽野がうま味研究会公開シンポジウムで講演を行いました

June 29, 2018

論文がNeuron誌に掲載されました

April 19, 2018

樽野が日本生理学会 奨励賞を受賞しました

March 29, 2018

   

樽野が食創会 安藤百福賞 発明発見奨励賞を受賞しました

March 12, 2018

2017年度「第22回安藤百福賞 発明発見奨励賞」
受賞タイトル「甘味・旨味・苦味に関わる味覚神経伝達の分子機構の解明」

news releaseはこちら>>

総説論文がInternational Journal of Molecular Sciences誌に掲載されました

March 11, 2018

ATP放出イオンチャネルに関する総説

Taruno A*: ATP Release Channels. Int J Mol Sci 2018, 19(3).

Paper Featured in Top Science Publication

April 12, 2025

Add a News Article with a short summary and a link. You can also add a video for extra engagement. Be detailed and thorough to interest your readers, and include links to the original story online.